正しい管理で正しく節税

個人事業主が抑えておきたい税金対策方法

個人事業者の節税のしかた教えます!

個人事業者の皆さんにお知らせしたいのは、節税を行うには基本的に経費の証明の為に領収書を保存しておく事、事業の収支帳簿の作成、青色申告の期限内申請の3つを行わなければなりません。 そこで、オススメの領収書の保管方法、簡単な帳簿の作成の仕方、期限内申請の重要性をご紹介いたします。

個人事業者ならば青色申告が節税のポイント

個人事業者で節税を考えるのならば、絶対に行うべきなのが青色申請です。 青色申請を行うことで得られるメリットは、「65万円の控除」、「専従者給与を支払って節税」、「赤字をくり越せる事」、「売掛金がある場合、一定額を経費として申請できる事」などがあげられます。

個人事業者の退職金?取引企業が倒産しても安心?共済で節税も!

個人事業者が節税を行うのにオススメなのが、退職後に積み立てた掛け金を受け取れる「小規模企業共済」と経営セーフティ共済とも呼ばれる「中小企業倒産防止共済」です。 これらの共済は老後の安心や連鎖倒産を防ぐだけでなく節税にもなるので、ぜひご活用ください。

節税のために領収書と帳簿と期限内申請が重要!

近年、労働環境の変化で個人事業者の方が増えていますが、会社員と違って個人事業者となると自ら解決しなければならい問題が数多くありますが、その中でも放置できない問題が税金の問題です。
多くの個人事業者は「税金は1円でも安く済ませたい」のが本音ではないでしょうか?
そこで、このサイトでは節税方法について紹介させていただきます。

まず節税方法をご紹介する前に、節税を行うために絶対に行わなければならない事があります。
それは「領収書の保管」、「帳簿の作成」、「期限内納付」この3つは絶対に行わなければなりません。
そこで、それぞれオススメの方法をご紹介いたします。

そして個人事業者の節税として必ず行わなければならないのが、青色申告です。
青色申告をするだけで、個人事業者の皆さんは、65万円の控除、家族に払う給料を経費にできる、赤字を最高3年まで繰り越して黒字と相殺することが出来る、売掛金がある場合5.5%を経費にすることが出来る、以上のような節税を行う事が出来るようになる青色申告についてご紹介いたします。

個人事業者が加入することが出来る共済は、個人事業者の事業を助ける保険のような制度ですが、実はこの共済の掛け金は控除、または経費として申告することが出来ます。
そこで、個人事業者向けのオススメの共済、個人事業者の退職金と言われる「小規模企業共済」と取引先が倒産したとき迅速に借り入れが出来るようになる「中小企業倒産防止共済」をご紹介いたします。