正しい管理で正しく節税

>

個人事業者の退職金?取引企業が倒産しても安心?共済で節税も!

個人事業者でも退職金?小規模企業共済

小規模企業共済は個人事業者が積み立てた掛け金を、退職する際に受け取れる共済制度です。
その為、小規模企業共済は「個人事業者の退職金」などと言われています。
仕組みとしては月々1000円から7万円までの範囲で掛け金を納めることができ、途中で掛け金を変更できるので、徐々に掛け金を上げていく事をお勧めします。

節税の面では、小規模企業共済の掛け金は全額が所得控除になります。
つまり月々3万円掛け金として払えば、年間36万円が所得控除となります。
そして、この小規模企業共済のメリットは12月に年間の掛け金を一括で払うことも出来るので、予想よりも利益が出てどうしても節税しなくてはいけない場合、最高で7万円の12か月分で84万円を支払えば、84万円の控除を受けることが出来ます。

節税と借入が出来る!中小企業倒産防止共済

中小企業倒産防止共済とは、取引企業が倒産した場合、連鎖倒産を防ぐための共済です。
一定額を支払えば、取引企業が倒産したとき無担保、無保証人で迅速に借り入れを受けることが出来ます。
銀行などと違い手続きや審査なのが迅速なので、取引企業が倒産して窮地に立たされている時には心強い制度です。
また取引企業が倒産していなくても、一時貸付制度があって借り入れを受けることが出来て、その場合も銀行よりも迅速に借り入れができます。

節税の面でみると、この共済の掛け金は月額5000円から20万円の範囲ですが、この掛け金は全て経費として申告できるので節税に有利です。
しかもこの中小企業倒産防止共済では40か月以上掛け金を払っていると掛け金がすべて戻ってきます。